読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーヴァントを再臨させよう〜再臨素材の集め方について①〜

リクエストを頂きましたので、本日はサーヴァントの再臨素材の集め方について説明します。
ついでにスキル強化素材も集まりますが、スキル強化と霊基再臨は素材が被っていますので、スキルレベル5以降は霊基再臨を優先させましょう。
筆者はついうっかりラーマ君のスキルレベルを上げ、再臨用の心臓が足りなくなって悲しい思いをしたことがあります。

 

再臨素材の多くは曜日クエストで集めることができます。
各クラスの再臨素材であるピースやモニュメント、スキルレベル上げのための石は修練場で集めるのが効率的です。
素材によってはフリークエストの方が修練場よりも効率よく集められます。
ただ、基本的に6章以降のフリークエストまたはイベントクエストが最大効率なので、とりあえずは曜日クエストの周回をオススメします。

 

修練場でドロップするアイテムはこちらを参照ください。

【FGO】最新! 曜日クエスト「修練場」でドロップする強化素材、アイテム一覧 | AppMedia : 【国内最大級】ゲームアプリ攻略サイト!

 

素材のドロップ率上位クエストがまとめられているので、詳しくは下記サイトを参照ください。

FateGOアイテム効率劇場

 

本記事では修練場の攻略法を説明します。
有利クラスのフレンドさんの宝具で殴るだけですが。

 

□対象クエス

カルデアゲート→曜日クエスト→◯の修練場
◯のクラスの敵だけが出てくるクエストで、難易度は初期、中級、上級、超級の4種類あります。
また、クリア時には1日1回ずつ難易度に応じた数のマナプリズム(メロンゼリー)を貰えます。

 

□攻略方法

BATTLE1は雑魚3体、BATTLE2は雑魚3体または中ボス等、BATTLE3は強いサーヴァント1騎と強くない敵1体が出てきます。
BATTLE1、2は有利クラスのフレンドさんと自前の有利クラスやバーサーカーで適当に殴って、BATTLE3のボスサーヴァントに有利クラスの強力な単体宝具を撃つ流れとなります。

 

曜日ごとの敵のクラスと、筆者が曜日クエストのために設定しているサーヴァントは下記の通りです。※
※イベント期間中はこの限りではありません

 

日曜:剣の修練場→ギルガメッシュ(弓)
月曜:弓の修練場→スカサハ(槍)
火曜:槍の修練場→ランスロット(剣)
水曜:狂の修練場→スカサハ(槍)
木曜:騎の修練場→ジャック・ザ・リッパー(殺)
金曜:術の修練場→オジマンディアス(騎)
土曜:殺の修練場→いません

 

□サーヴァント説明

  • ギルガメッシュ(弓)
    左のスキル「カリスマ」で3ターン攻撃力が上がり、右のスキル「バビロンの蔵」でスター集中度を上げてスターを独占して殴ります。
    ギルガメッシュは全体攻撃宝具ですが、サーヴァント特攻で威力が高いので修練場周回用にも置いています。
    宝具威力が足りなければクロエに変更するかもしれません。 
  • スカサハ(槍)
    真ん中のスキル「原初のルーン」で1ターンQuickの威力が上がり、右のスキル「神殺し」で1ターン神性特攻と死霊特攻が付与されます。
    弓の修練場の全てのボスサーヴァントを宝具1撃で仕留めます。
    ギルガメッシュ絶対殺すウーマン。
  • ランスロット(剣)
    宝具威力よりも通常攻撃のクリティカルで敵を倒すタイプです。
    BATTLE3開始後にランスロットのカードが1枚以上あるタイミングで全てのスキルを使うと、ランスロットがスターを独占します。
    そのままクリティカルで殴り、宝具を撃てるようになったら宝具からのブレイブチェインで倒してください。
  • ジャック(殺)
    左のスキル「霧夜の殺人」が回避に加えて1ターンQuick強化です。
    宝具に女性特攻付与がついているので、殺の修練場の全てのボスサーヴァントは宝具+通常攻撃(特攻付き)を当てれば倒せます。
  • オジマンディアス(騎)
    右のスキル「太陽神の加護」でNP20%チャージ、真ん中のスキル「皇帝特権」で3ターン攻撃力上昇、左のスキル「カリスマ」で3ターン攻撃力上昇します。
    スキルの効果は他にもありますが長くなるのでゲーム内で確認してください。
    スキルは右から順に発動させるのがポイントです。

 

カルデアは術アタッカーがいないので、土曜日は他のフレンドさんにイリヤや三蔵を借りるなり、ジャックの女性特攻で頑張るなりしてください。
神性ならスカサハで仕留めるのですが。

 

サーヴァントのレベルを上げよう~種火の集め方について②~

今回は即死について説明予定でしたが、気が向いたので種火クエストを3ターンで周回する方法について説明します。

以前書いた記事の方法を利用すれば6ターン程度で周回できるので、種火周回に6ターンもかけていられなくなったマスター向けの記事となります。

 

種火を3ターンで周回するには、毎ターンそこそこ強力な全体宝具を撃てば良いのです。
そのためには、殴る以外の方法で3騎のサーヴァントのNPを100%以上チャージする必要があります。

本記事では、概念礼装で50%、スキルで50%チャージする前提で、必要な概念礼装やサーヴァント、クエストの周回方法を説明します。
手持ちのサーヴァントや礼装のNPチャージ量によって色々な組み合わせが考えられますので、記事の内容を基準にサーヴァントと概念礼装を編成してみてください。

 

用意するもの

① NPを50%以上チャージする概念礼装

龍脈(限凸)、虚数魔術(未凸)、カレイドスコープ(未凸)、その他イベント限定礼装が該当します。
龍脈はフレンドポイント召喚からも獲得できるので、持っていない場合は根気よく召喚しましょう。
また、メインクエストやフリークエストを回って、聖晶石召喚を出るまで回すのも遠いようで近道です。

 

② 「NPを30%以上チャージするスキル」および「全体攻撃宝具」を持つサーヴァント2騎以上

低レアは宝具Lv5、レベルMAXが前提ですが、アーラシュ(右のスキル「弓矢作成」Lv10)、スパルタクス(真ん中のスキル「不屈の意志」Lv10)、クー・フーリン(術)(左のスキル「原初のルーン」Lv10)辺りでしょうか。
スパルタクスはスキル「剣の凱旋」もLv5程度必要です。
クー・フーリン(術)は宝具威力が相当弱いので、マーリンの手を借りないと厳しいかもしれません。

高レアには沢山いますので、召喚済サーヴァントのスキルはWikiを参照して確認してください。

 

諸葛孔明(マーリン/オジマンディアス)

スキルレベルは問いませんが、スキルを3つとも習得している必要があります。
左のスキル「鑑識眼」で単体のNPを30%増やし、「軍師の指揮」「軍師の忠言」で味方全体のNPを10%ずつ増やします。
必要なのはスキルのみなので、フレンドでなくても構いません。

マーリン(左のスキル「夢幻のカリスマ」)、オジマンディアス(右のスキル「太陽神の加護」)も味方全体のNPを20%増やすため応用可能ですが、自前で用意すべきNPが増えます。

 

④ 魔術礼装・カルデア戦闘服 or 魔術礼装・魔術協会制服

②でアーラシュのステラをする場合は魔術協会制服を装備します。
ステラしない場合はNPの要求量が増えますが、カルデア戦闘服を装備しましょう。

 

⑤ そこそこ強い全体攻撃宝具のサーヴァント

何でもいいですが、自己のスキルのみで等倍の相手に2万程度の与ダメージを与えられる程度に強い必要があります。

 

種火周回方法①(ステラする場合)

編成

メインメンバーは⑤のサーヴァント、アーラシュ、諸葛孔明とします。
サブメンバーには左端にスパルタクスを編成します。

礼装は⑤のサーヴァント、アーラシュ、スパルタクスに50%チャージ礼装を装備します。
他の2枠はコストの許す限り好きな礼装とサーヴァントを編成できます。

マスターの魔術礼装は魔術協会制服を装備します。

 

BATTLE1

諸葛孔明のスキルを全て使います。(1騎にNP50%、1騎にNP20%チャージ)
左のスキル「鑑識眼」は自力でNPをチャージできない⑤のサーヴァントに使い、礼装と合わせてNPを100%にします。

アーラシュの右のスキル「弓矢作成」でNPを30%チャージして、礼装と合わせてNPを100%にします。

アーラシュの宝具を撃つと槍でない限り敵が全滅した上で、アーラシュが退場してスパルタクスが登場します。

 

BATTLE2

スパルタクス真ん中のスキル「不屈の意志」および「剣の凱旋」を使います。
魔術礼装のスキル「霊子譲渡」のNP20%と合わせてNPが100%になるので、宝具を撃つと敵が全滅します。
「剣の凱旋」のレベルが低い場合は、
多少生き残ることもあるので、ブレイブチェインせずに通常攻撃で倒すようにします。

 

BATTLE3

⑤のサーヴァントの宝具を撃ちます。
孔明「軍師の指揮」のレベルが高ければ攻撃力が30%増えるので、頑張って体力3万の腕を倒してください。

 

種火周回方法②(ステラしない場合)

マスターの魔術礼装はカルデア戦闘服を装備します。

孔明のスキルを使った後、マスタースキルの右の「オーダーチェンジ」でサブメンバーと交代します。
「霊子譲渡」が使えないので、交代するサーヴァントは概念礼装+自己スキル等で100%NPをチャージする必要があります。

 

実際の運用について

上記で説明した種火周回方法はあくまで一例なので、召喚済サーヴァントのスキルや礼装によって条件は緩和します。

また、ステラする場合は敵に槍がいるとHPを半分程度しか削れないので、槍殺の種火の日は不向きとなります。
それぞれのカルデアにあった組み合わせを考えてみてください。

 

カルデアで運用していた例を2つ紹介します。

編成①
ゴルゴーン(聖夜の晩餐 限凸 NP50%)+タマモキャット(虚数魔術 限凸 NP75%)+フレンド諸葛孔明+フランシス・ドレイク(星の開拓者Lv4、虚数魔術 未凸 NP60%)+カルデア戦闘服

フレンドさんの諸葛孔明でゴルゴーンのNPを100%、タマモキャットのNPを95%にします。
オーダーチェンジでドレイクと交代した後にゴルゴーンの宝具を撃つと、味方全体のNPをチャージするので、タマモキャットとドレイクのNPが100%を超えます。

 

編成②

編成①のゴルゴーンを他のサーヴァントに、タマモキャットを巌窟王 エドモン・ダンテス にします。
アヴェンジャーのエドモンは毎ターン終了時にNPが増加するので、BATTLE1開始時に95%だったNPがBATTLE3開始時に101%になります。
ドレイクはスキルレベルを上げるか、虚数魔術を限凸して対処します。

 

ゴルゴーンやエドモンの召喚難易度は高いですが、苦手クラスが無く火力が高いという利点があるため、召喚済の場合は種火編成に組み入れると編成自由度が上がります。

 

ちなみに、カレイドスコープを4枚持っている今は、スパルタクスアルジュナジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ、タマモキャット、茶々、ニトクリス辺りから適当に編成して種火周回をしております。

また、ステラオジマンカレスコシステム(スキル2つで3騎分のNPチャージ)もとても楽なのでオススメです。

パーティ編成の考え方~魔術礼装を取ろう~

健康診断の待機列が暇なので平日の更新となります。
本日は魔術礼装(マスター用の装備)の種類と獲得クエストについて説明します。

 

(基礎知識)マスター礼装のレベルについて

エストをクリアすると礼装に経験値が貯まり、マスター礼装もレベルアップします。
サーヴァントのスキルと同様に、レベルアップにより礼装スキルの効果が上昇し、レベル6、10でスキル再使用までのターン数が減少します。

 

1. 魔術礼装・カルデア

初期から持っている、白いシャツに謎のエロいベルトがついている礼装です。
強い1騎に頑張ってもらう時に利用します。

スキルは下記の通り。
応急手当:単体のHPを最大3000回復します。
瞬間強化:単体の攻撃力を1ターンのみ最大50%上昇させます。カードの種類によらないのでエクストラアタックにも効果があり、アタッカー1騎を強化したいときに使いやすいです。
緊急回避:単体に1ターン回避状態を付与します。敵に必中または無敵貫通がついている場合は無効になります。

 

2. カルデア戦闘服

カルデアゲートの直下に獲得クエストが配置されています。
終戦がそこそこ難しいので、攻略方法は後述します。
サブメンバーと交代する「オーダーチェンジ」が便利なので、色々な使い方ができます。
紐がエロいです。

スキルは下記の通り。
全体強化:バトル中の全てのサーヴァントに対して、1ターンのみ攻撃力を最大30%上昇させます。
ガンド:敵をほぼ確定でスタン(1ターンお休み)させます。レベル1だとたまに外すようです。
オーダーチェンジ:バトル中のサーヴァントをサブメンバーと交代させます。戦闘から離脱したサーヴァントは、スキルのターン数のカウントが停止します。

 

3. 魔術協会制服

カルデア戦闘服と同様、カルデアゲートの直下に獲得クエストが配置されています。クエストは比較的簡単なので、適当にやれば取れるでしょう。
NP20%をチャージする「霊子譲渡」が特徴的で、カレイドスコープと合わせれば、戦闘開始直後に宝具を撃てます。

スキルは下記の通り。
全体回復:バトル中のサーヴァント全員のHPを最大2800回復します。
霊子譲渡:味方単体のNPを20%チャージします。
カードシャッフル:コマンドカードの配布履歴を初期化して再配布します。バトル中のサーヴァントの全てのカードの中から5枚選ばれるので、運が悪いと状況が悪化することもあります。ご利用は計画的に。

 

3.アトラス院制服

カルデア戦闘服と同様、カルデアゲートの直下に獲得クエストが配置されています。最終クエストがそこそこ難しいので、攻略方法は後述します。
履いてない疑惑。
特殊スキルが多いですが、クエストの内容によっては便利に利用できます。

スキルは下記の通り。
オシリスの塵:単体に1ターン無敵状態を付与します。敵に無敵貫通がついている場合は無効になります。回避と異なり、必中は防げます。
イシスの雨:味方単体の弱体を解除します。魅了やスタンで全員が動けなくなっても、1体は解除する事ができます。
メジェドの眼:スキルの再使用までのターン数を2減らします。色々使い方はありますが、例えばフレンド単体の種火周回で開幕直後とBATTLE3でスキルを使うような使い方をよくやります。便利です。

 

魔術礼装クエストについて

友人のアカウントで検証したところ、カルデア戦闘服の最終戦以外はレベル94宝具レベル2スキルレベル7、3、3の巌窟王 エドモン・ダンテスでクリアできました。
色々レベルが中途半端なのは突っ込んではいけないところです。

 

以下クエストの説明のため、戦闘内容のネタバレを含みます。

 

 

アトラス院制服の最終戦について

BATTLE2にキメラ(狂)3体、BATTLE3にキメラ(狂)1体が出現します。
BATTLE3のキメラは攻撃力が高く、クリティカルも連発するので、単騎で戦っていると1ターンで死ぬ恐れがあります。
なのでこちらもクリティカルで仕留めましょう。

 

クリア方法の一例

マスター礼装:BATTLE3で保険をかけたいので、カルデア制服(緊急回避)またはカルデア戦闘服(ガンド)
エドモンの礼装:何でも良いですが、クリティカル威力上昇またはスター集中度UPが無難です。
お供のサーヴァント:ターゲット集中スキルを持つレオニダス一世やゲオルギウスが扱いやすいですがお好みで。

 

BATTLE1

エドモンのNPを100%まで貯めます。
NPを効率よく貯めるために、エドモンのArtsまたはQuickがある時に黄金律を使いましょう。
BATTLE2以降は単騎が望ましいので、他の2騎はターゲット集中スキルで落ちてもらいましょう。

 

BATTLE2

スキルを使わずに宝具QQEXで敵を全て倒します。
中央のキメラのHPが少し高いので、スキルを使わなければ宝具直後は生き残り、通常攻撃を受けてスターを発生させてくれるはずです。
エドモンが強すぎる場合は(レベル100、宝具レベル5など)キメラが生き残らないかもしれませんが、足りないスターはある程度スキルで補えるので大丈夫です。

エドモンのレベルや宝具レベルが低くて宝具のターンで仕留められない場合は、HPを減らしたりスキルを使ったりして調整してください。

 

BATTLE3

BATTLE2で宝具QQEXを全て当てていれば、スターが50個は生産されているはずです
足りなければ右のスキル「窮地の智慧」を使ってスターを補いましょう。
また、マスタースキルを含めて残り全てのスキルをエドモンに使います。
これがエドモンの対単体の最大火力になります。
宝具は勝利の為の布石なのです。

BABEXでクリティカルを叩き込めばキメラのHPはほぼ無くなるので、多少残っても緊急回避またはガンドで稼いだもう1ターンでBABEXを決めて倒しましょう。

 

 

カルデア戦闘服の最終戦について

BATTLE1でゴースト(殺)が3体、BATTLE2でデーモン(術)が1体出現します。

デーモンといえば、オジマンディアスやケツァル・コアトルの宝具で仕留めたいところですが、不利クラスのゴーストが邪魔です。
BATTLE1のゴースト自力で倒せる場合は、フレンドさんから強いライダーを借りてきましょう。
デーモンはライダーで殴れば死にます。

友人のアカウントはBATTLE1を自力で倒せなかったので、開き直ってキャスターで挑んでみました。
不利クラスがあるよりは、不利クラスがない方が無難です。

筆者のキャスター陣営はサポート系しかいない為、レベル94、宝具レベル2、スキルレベル10、10、10の玉藻の前でクリアしました。
ちなみに、源雷光でアトラス院制服と同じ戦術でも勝てそうです。
筆者は雷光を持ってませんが。

 

用意したもの

マスター礼装:アトラス院制服
玉藻の前の礼装:フォーマルクラフト(限凸)
お供のサーヴァント:恐らくロビンフッドとゲオルギウス

 

戦い方

玉藻の前の全てのスキルを使いつつ、ひたすらBAAEXと宝具AAEXを交互に繰り返します。
NPが貯まるのであれば、B宝具AEXでも良いかもしれません。

玉藻の前の左のスキル「呪術」は敵のチャージを減らすので、エクストラアタックされそうな時にうまく使ってください。
真ん中のスキル「変化」は被ダメージを減らすので、BATTLE2が始まったらすぐに使いましょう。
その後は再使用可能になるたびに使えば基本的に問題ありません。
右のスキル「狐の嫁入り」はHP回復+Artsカードの性能を強化するので、回復と攻撃が同時にできます。

マスター礼装の右のスキル「メジェドの目」を使うとスキルの再使用が2ターン早まるので、変化を二重にかけてデーモンの攻撃が殆ど通らないという芸当ができます。
※メジェドの目自体は再使用は難しいので、ここぞという時に使いましょう。

なお、デーモンのエクストラアタックはオシリスの塵(無敵)で回避します。
無敵でも宝具やスキルが封印される状態異常になるので、イシスの雨で解除してひたすら殴り続けると勝てました。

耐久戦は楽しいですね。

 

以上、礼装の紹介と取り方でした。

次はそろそろ具体的なパーティの組み方を説明します。

パーティ編成の考え方~クラス特性②~

CCCイベントの羽根と心臓のドロップが美味しくて周回しておりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

初回に引き続き、今回はクラススキルと特攻について説明します。

 

1. クラススキル(パッシブスキル)

FGOは戦闘中にアイコンを押して発動するスキル以外に、戦闘中は常に効果のある「クラススキル」という特性がサーヴァントごとに設定されています。
RPGでいうところのパッシブスキルですね。

wikiにまとめられているので、詳しくはそちらを参照ください。
この記事では主なクラススキルについて紹介します。

※スキルのランクについて
スキルのランクはE-~A++、EXの順に効果が高くなります。
Eは誤差みたいなものですが、Aになると10%の効果になります。

 

・カード強化系スキル

狂化」「陣地作成」「騎乗」はそれぞれBusterArtsQuickのカード性能をアップします。
「狂化」は主にバーサーカーが、「陣地作成」は主にキャスターが、「騎乗」はセイバーおよびライダーと馬や戦車に乗っていそうなサーヴァントが所持しています。
本当なのでそれっぽいサーヴァントのスキルを確認してみてください。

バーサーカーはATKの値が高く、Busterの枚数が多いうえに強化されているので殴ると強いということですね。

 

・クリティカル系スキル

「単独行動」「忘却補正」はクリティカル威力をアップします。
「単独行動」は主にアーチャーが、「忘却補正」はアヴェンジャーが所持しています。

アーチャーは攻撃力の倍率が0.95ですが、スターが集まりやすい上に、スキルによってクリティカルの威力はATK相当になるということですね。
もともと与ダメージに1.1倍補正のかかっているアヴェンジャーはもちろん強いですが、スターが集まらないのが難点です。

 

・神性系スキル

「神性」「女神の神核」は与ダメージプラス効果があります。
「女神の神核」た弱体耐性もアップさせるので、状態異常に多少かかりにくくなります。
名前の通り、神様が所持しています。

 

2. 特攻について

クラススキルやプロフィールに記載された属性、隠し属性に対して与ダメージが向上するサーヴァントがいます。
難易度の高いクエスト攻略には必須の知識なので、まずは特攻という概念を覚えましょう。

特攻は「宝具の特性」と「スキル」、「概念礼装」の3種類に分かれます。
「宝具の特性」の場合はオーバーチャージすると効果が上がるので、宝具威力が増大します。
つまり、1回だけ200%分チャージを増やしてくれる星5概念礼装「魔性菩薩」の出番です。
「スキル」についている場合は、頑張ってスキルレベルを上げましょう。

「概念礼装」は倍率はそこそこですが、戦闘中はずっと効果があるという利点があります。

詳しくはお手持ちの概念礼装の説明を読んでください。

 

・神性特攻

神性を持つ敵に対して与ダメージが増えます。
神性を持つのはサーヴァントの一部と7章の敵の一部です。

神性特攻を持つサーヴァントの例:
スカサハ(ランサー)、カルナ(ランサー)、アルジュナ(アーチャー)
アルジュナは「神性に対し即死判定」ですが、サーヴァントは即死がほぼ入らないので、7章の一部の敵で効果を発揮します。

 

・女性特攻、男性特攻

女性または男性に対して与ダメージが増えます。
サーヴァントは基本的にはどちらかに属しますし(例外が3騎)、該当する敵も多いです。

女性特攻をもつサーヴァントの例:
ジャック・ザ・リッパー(アサシン)、カーミラ(アサシン)
男性特攻をもつサーヴァントの例:
オリオン(アーチャー)、エウリュアレ(アーチャー)、メイヴ(ライダー)

 

・人型特攻、人型特防

人の形をしている相手に対して与ダメージが増えます。特防は被ダメージが減ります。
スキルによって範囲が変わるので面倒ですが、おおよそ女性+男性+αの範囲を持ちます。

人型特攻をもつサーヴァントの例:
サンソン(アサシン)、ナイチンゲールバーサーカー
ナイチンゲールはスキルで同時に人型特防も発動します。

 

・サーヴァント特攻

サーヴァントに対して特攻効果を持つサーヴァントがいます。
味方は全員サーヴァントなので、敵に回すと厄介です。
隠しステータスである天地人に関わるので、敵として戦うときや手に入れたときは該当するサーヴァントのWiki等を参照してください。

サーヴァント特攻をもつサーヴァントの例:
二コラ・テスラ(アーチャー)、ギルガメッシュ(アーチャー)

 

その他、隠し属性である竜特攻やアルトリア顔特攻など、いろいろな特効があるので、育成しているサーヴァントのステータスは良く確認しましょう。

 

パーティ編成の考え方~クラス特性①~

GWも終盤ですが、メインストーリーは進んでいるでしょうか。
メインストーリーが進むと敵が強くなって攻略が難しくなるので、今日から何回かに分けて、パーティ編成時に考慮すべきパラメータ(隠しパラメータ含む)について説明した後、パーティの組み方について解説していきます。

初回はクラス特性について説明します。

  1. クラスの略称
  2. クラスの相性
  3. ATKのクラス補正
  4. クリティカルスター

 

1.クラス略称

ゲームそのものにはあまり関係ありませんが、セイバー・バーサーカー等とカタカナで記述すると長いので、クラス名称は漢字1文字で略記されることが多いです。
略称は下記の通りです。

剣:セイバー
弓:アーチャー
槍:ランサー
騎:ライダー
殺:アサシン
術:キャスター
狂:バーサーカー
裁:ルーラー
讐:アヴェンジャー

例えば新宿のアサシン→新殺 のような表記になります。
アーチャーは「茶」と書かれることも多いですが。
(例:緑茶→緑のアーチャー→ロビンフッド

当ブログでも基本的に上記略称で記述します。

 

2. クラス相性

クラスごとに有利不利があるので覚えましょう。
戦闘開始前の編成時に確認していれば自然に覚えます。

① 与ダメージ2倍、被ダメージ0.5倍の関係(3組)

剣 < 弓 < 槍 < 剣 ※三騎士とも呼ばれる
騎 < 殺 < 術 < 騎 ※狂を加えて四騎士とも呼ばれる
裁 < 讐 < ムーンキャンサー < 裁

②その他の組み合わせ

盾(マシュのみ):全クラスに対し等倍
裁:剣、弓、槍、騎、殺、術からの被ダメージ0.5倍
狂:全クラスに対し、与ダメージ1.5倍、被ダメージ2倍。狂に対し与・被ダメージ1.5倍。
魔神柱:剣、弓、槍に対し与ダメージ2倍。讐に対し与ダメージ0.5倍。騎、殺、術からの被ダメージ2倍、
アルターエゴ:騎、殺、術に対し与ダメージ1.5倍。剣、弓、槍に対し与ダメージ0.5倍 など

②は複雑なので、「マシュはすべて等倍」「狂は与ダメ1.5倍」「魔神柱は騎、殺、術、讐で挑め」だけ覚えればとりあえずは問題ありません。

 

3. ATKのクラス補正

理由はよく分かりませんが、ステータスとして表示されるATKが同じでも、クラスによって与ダメージに補正がかかります。

1.1倍:狂、裁、讐

1.05倍:槍
0.95倍:弓

0.9倍:殺、術
等倍:上記以外
(ムーンキャンサーとアルターエゴは不明)

クラス相性の与ダメージ2倍の効果のほうが倍率が大きいので、こちらは参考程度に。

 

4. クリティカルスター

① クリティカルスターとは

敵を殴った時に沸いてくるオレンジの星のことです。
「スター」ないし「星」と呼ばれることが多いです。
礼装から毎ターン自動で供給されたり、宝具終了時に自動で供給されたりもします。

スター1つでクリティカル確率10%になります。
カード選択画面で配分され、通常攻撃カード上部の数字の確率でクリティカルが発生します。
10%~20%でもクリティカルするときはしますし、90%なのに2枚連続でクリティカル不発の時もあります。
もちろん、表示が無ければ0%でクリティカルになりませんし、100%にすれば確実にクリティカルとなります。

スターの配分はランダム要素とランダムでない要素があります。

②スター配分のランダム要素

スター配分の直前にランダムで3枚にクリティカルスター集中度が配分されます。
スター集中度が低いのに妙にクリティカル確率が高い時はこれが原因です。

③スター配分のランダムでない要素

サーヴァントごとにスター集中度が決まっていますが、クラスごとに傾向があり、クラス内での差は誤差のようなものです。

剣を1とした場合のクラスごとのスター集中度の傾向は下記の通りです。

2:騎
1.5:弓
1:剣、殺、裁
0.9:槍
0.5:術
0.3:讐
0.1:狂

また、スター集中度はスキルで上昇させることができます。
有名なのはランスロット(30倍)で、狂でも3、剣では30になります。スターを独占して確実にクリティカルしてきます。

その他「封印指定 執行者」「熱砂の語らい」「ルームガーダー」といった礼装でもスター集中度が上昇します。
※礼装の説明が400%upとなっている場合は、元の値100%+400%で5倍になります。

例えば、パーティ内にレベルの低いライダーを編成していると、ライダーにばかりスターが集まってしまい、レベルの高いアヴェンジャーに星が回ってこない、ということが起こります。

 

次回はクラススキル(パッシブスキル)について説明します。

サーヴァントのレベルを上げよう~種火の集め方について~

この記事では種火クエストの進め方について説明します。

種火クエストを始めるには、ホーム画面から「カルデアゲート」→「曜日クエスト」で表示される「○曜 種火集め <●●編> △級」というクエストを選択します。
上から4番目の「超級」以外は、AP(体力)に対して獲得できる経験値の割合が少ないので、どうしてもマナプリズムを集めたいのでなければ回る必要はありません。

 

パーティの編成難易度の簡単な順に、下記のような方法で種火クエストを攻略することができます。(一部の例です)

  • フレンドさんのサーヴァントで殴る
  • フレンドさんと自分のサーヴァントで殴る
  • フレンドさんの孔明と自分のサーヴァントの宝具で吹き飛ばす
  • オーダーチェンジせずに自分のサーヴァントの宝具で吹き飛ばす

この記事では、一番簡単な「フレンドさんのサーヴァントで殴る」場合の手順の一例を紹介します。

 

1.用意するもの
1.1. レベル1サーヴァント2騎
編成の左から2騎編成したら、3番目をフレンドに、4番目以降の控えは空きにしておきます。
左下のメニューからパーティ名を「種火」とでも設定して保存しておきましょう。

 

1.2. フレンドのサーヴァント
曜日によって出てくる敵のクラスが異なるので、敵に合わせてクラスを選択しましょう。

月曜、木曜…敵が槍(ランサー)、殺(アサシン)
→ 弓(アーチャー)、騎(ライダー)以外を選択

火曜、金曜…敵が剣(セイバー)、騎
→ 槍、術(キャスター)以外を選択

水曜、土曜…敵が弓、術
→ 剣、殺以外を選択

日曜…敵は全クラスからランダム
→ エクストラクラス推奨ですが、どのクラスでもできないことはないです。

 

1.3.(あれば)アトラス院制服
マスター用の礼装です。
クエストで獲得します。
礼装を獲得する方法については、そのうち記事を書きます。

 

2.クエストの回り方

2.1. 初手宝具を撃てない場合
初手宝具を撃てないサーヴァントの例として、筆者がALL枠に設定していることが多いエドモン・ダンテス(アヴェンジャー)を選んだ場合の攻略方法を説明します。
アヴェンジャーのエドモンは苦手なクラスがないため、どの曜日でも攻略できるという利点があります。

他の2騎がいなくなるまでは極力エドモンで攻撃して、単騎になったらNPが100%になるまで Arts → Quick → Quick を選択し、NPが100%になったら適当に殴ります。
BATTLE3で左のスキル「鋼鉄の意思 EX」を発動し、宝具を撃てば敵はいなくなります。

2.2. 初手宝具を撃てる場合
カレイドスコープ」等のNPチャージ礼装とサーヴァントのNPチャージスキルを組み合わせると、1ターン目から宝具を撃つことができます。
筆者は種火周回のために、曜日クエストに合わせてアルジュナ、カルナ、アーサー(予定※)にNPを80%チャージする「カレイドスコープ」を装備させています。
※アーサーは再臨素材を集めているところなので、提供にもう少し時間がかかります。

それぞれNPを20%増やすスキルがあるので、スキルを発動するとNPが100%となって宝具が撃てます。
攻撃を補助するスキルが無いと威力が心もとないので、併せて発動します。
対象のスキル2つは下記の通りです。

アルジュナ:真ん中の「授かりの英雄A」、右の「魔力放出(炎)A」
カルナ:真ん中の「魔力放出(炎)A」、右の「無冠の武芸」
アーサー:左の「魔力放出A」、右の「巨獣狩りA」※準備中

 宝具で倒し漏らした敵を倒しながらNPを貯めるのは2.1.と同じですが、BATTLE3でもう一度宝具を撃って敵を一掃できれば早く回ることができます。

マスター礼装「アトラス院制服」の「メジェドの眼」を使えばスキルの再発動までの時間を2ターン短くなります。
1ターン目にスキルを使っていてもBATTLE3でスキルを使うことができます。
便利ですね。

 

最後に豆知識ですが、種火を使って強化すると、普段は「成功」と表示されますが、稀に「大成功」「極大成功」と表示されることがあります。
「大成功」は経験値2倍、「極大成功」は経験値3倍となるので、種火を大量に与えるときやレベル上限に近いときは、残りの経験値に注意して強化したほうが種火を節約できます。

サーヴァントの育成概要~何をすれば育つのか~

マスターレベル20達成おめでとうございます!

この記事はマスターレベル17以上(AP上限40以上)のFGOマスター向けの内容となります。
レベルが16以下の場合はストーリーを進めましょう。

 

イベントのない日にマスターができることは、「メインストーリーを進める」「サーヴァントを育成する」のどちらかになります。
進められるストーリーがあるなんて羨ましい。

メインストーリー攻略については、しばらくは適当にフレンドさんで殴っていれば勝てるので割愛します。
勝てなくなったら呼んでください。

この記事ではサーヴァントの育成の概要について説明します。

 

既に気づいていると思いますが、マシュ以外のサーヴァントは戦いを通じて強くなりません。
戦闘後に増えるのは「絆ポイント」です。
平たく言うと、一緒に戦うと仲良くなってプロフィールを開示してくれたり、色々話してくれるようになります。
悲しませないようにHP1で耐えてくれるとかそういう機能はありません。

 

FGOのサーヴァントはアイテムを与えることで強くなります。
メニューの「強化」から実行できる育成は主に次の3つです。

  1. サーヴァント強化
  2. 霊基再臨(サーヴァント進化)
  3. サーヴァントスキル強化

他のメニュー「サーヴァント宝具強化」は以前説明しました
「聖杯転臨」という機能もありますが、初心者は開示されていないのでこちらも割愛します。

 

1. サーヴァント強化

経験値カード(種火)を与えると、サーヴァントが強くなります。
他のサーヴァントを与えることもできますが、あまり経験値をもらえないので種火を与えましょう。
基本的には金色の種火(叡智の猛火)をあげます。
銀色の種火(叡智の大火)は売却してマナプリズムにして、ダ・ヴィンチ工房のマナプリズム交換で金種火と交換すると良いでしょう。
銅以下は端数調整用になります。

同じクラスの種火を与えると効果が1.2倍になるので、急いで育成しているのでなければ同じクラスの種火をあげると効率が良いです。
なお、シールダー(マシュのクラス)の種火は存在しません。
ログインボーナス等で貰える「*」マークのALL種火は、すべてのクラスで1.2倍になるので、マシュに優先的にあげましょう。

主な入手方法:曜日クエスト、ログインボーナス、マナプリズム交換、イベント交換

 

2.  霊基再臨(サーヴァント強化)

サーヴァントの星の数ごとに、レベル上限が決まっています。
レベル上限は、霊基再臨にて上げることができます。(1回につき10ずつ、4回まで)

霊基再臨をすると、レベル上限が上がるだけでなく、サーヴァントの服や髪型が変わったり、スキルを覚えたりします。

霊基再臨には各種クエストで入手する色々なアイテム(素材※)が必要になります。
※FGOには色々な「アイテム」があるので、当ブログでは強化に使うアイテムを「素材」で統一します。
入手が難しい素材もあるので、誰をどの順番で育てるのかが悩みどころです。
素材のシミュレーター等を利用して、計画的に育成しましょう。(自戒)

fgosimulator.webcrow.jp

霊基再臨素材の主な入手方法:曜日クエスト、ログインボーナス、各種クエスト、イベント交換

 

3. サーヴァントスキル強化

サーヴァントは最大3つのスキルを所有していますが、スキルレベルを上げることで性能が上がります。
スキルレベル上昇に必要な素材は、霊基再臨アイテムと重複しています。
基本的には、スキルレベルを上げるよりもサーヴァントのレベルを上げたほうが強いので、霊基再臨を優先したほうが良いでしょう。

ただし、スキルレベル4まではスキル専用素材を利用するので、スキルレベル4までであれば強化しても問題ありません。

前述のシミュレータはスキル強化用の素材についても計算してくれます。

スキル強化素材の主な入手方法:曜日クエスト、ログインボーナス、各種クエスト、イベント交換

 

次の記事から、種火を入手するためのクエストとその戦い方、強化素材を入手するためのクエストとその戦い方を説明していきます。

 

なお、レベル20前後のマスターがこの後紹介する種火や素材集めで難易度「超級」のクエストをクリアすると、経験値が多すぎてすぐにレベルが上がってしまいます。

APが満タンになっていると気になる場合は、時間のとれる時にクエストを始めた方が良いでしょう。